実は危機だったんです…
2017,08,17
夏コミが終わると数日で今度は冬のコミックマーケット(93)の申し込み期限がやってきます。現在はこの申し込み作業と並行して、京葉線新東京トンネルの書店委託販売に向けた発送準備を進めています。実店舗での販売開始まであと数日お待ちください。
さて、皆様にご心配をおかけしないため秘密にしていましたが、実は開催直前の1週間は出展の可否を左右しかねない危機的状況に陥っていました。筆者の私が原因不明の激しい下痢に見舞われていたのです。事が起きたのは7日(月)の夕方で、突如水同然の便が出るようになり、それが1時間程度の間隔で繰り返すため満足に寝ることすらままならない状況となりました。前日搬入は一人で千葉の自宅から東京ビッグサイトまで車を運転することになりますが、経由する高速道路(東関東自動車道湾岸千葉IC〜首都高速湾岸線有明出入口)は往路の1箇所しか途中休憩できる場所がありません。また、食事をとっても2時間程度で排出されてしまうことから、水分や栄養も十分摂取できていないことを意味し、イベント当日の過酷な環境には耐えられない状況となりました。2日ほど様子を見ましたが、症状が快方に向かわないため病院で強力な下痢止めを貰い、消化器の動きを強引に止めながら前日・当日を乗り切ることとなりました。現在は一応症状は治まっていますが、以前の感覚で食べるとどうなるか予想できないため、遠出は控え、食事の量も減らしながら様子を見ています。
原因として思い当たるのは原稿制作期間中の度重なる徹夜、制作が終了した数日後急に自転車で20km走るという激しい運動をしたこと、イベントに向けて栄養を取ろうと暴飲暴食を重ねてしまったことが挙げられます。思えば、「総武・東京トンネル」の制作期間中も暖房に当たると蕁麻疹が出る謎の症状に見舞われていました。(その後自然に快方に向かい、どんなに寒暖の激しいところに行っても同様の症状が出ることはなくなりました。)今年で筆者も30代に突入し、少しの無理が体調に深刻な影響を及ぼすようになってきているのかもしれません。今後はオーバーワークにならないよう細心の注意を払ってスケジュール構成をしていきたいと思います。
  
まんだらけ様で通信販売予約承り中です
2017,08,15
昨日夕方より、同人誌書店の「まんだらけ」様で京葉線新東京トンネルの通販予約を開始しました。価格は1冊1000円+消費税です。国内で少量のご注文の場合、送料が低廉なメール便での配送が可能です。また、海外発送も可能となっております。近日中に在庫を中野ブロードウェイ内にある実店舗に送る予定になっており、到着次第実店舗での販売も開始されます。詳細は「出展予定」ページをご確認ください。
今後はまんだらけ様以外の書店においても準備ができ次第販売を開始する予定です。皆様のご利用心よりお待ちしております。
  
ご来場ありがとうございました
2017,08,13

コミックマーケット92の2日目が無事終了いたしました。弊サークル「未来へのレポート」にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。
今回のコミックマーケット92は1日目はほぼ終日、2日目も朝まで雨に見舞われたことから来場者数はやや減っています。(2日目は前年比2万人減の15万人とのことでした。)このため、新刊「京葉線新東京トンネル」については300冊を搬入しましたが、40冊ほどが余るという結果となりました。来場者数に関しては天候や土日・祝日との関係もあってある程度変動がありますが、前日搬入の記事でも触れたとおりスペースの寸法による搬入量の上限もあるため、今後の出展では新刊250〜300冊を搬入量の目安にしたいと思います。
予想外だったのが初回リリースから2年経過している「総武・東京トンネル」で、またしても12時過ぎに用意した上下巻50冊ずつが完売となってしまいました。ご購入いただけなかった皆様、申し訳ございません。2年前の有楽町排水所冠水事故で話題になったためか、それとも偶然沿線にお住まいの方が多かったのかは不明ですが、完売後もかなりの方々に見本誌をご覧いただき、「再販予定はある?」といったご質問を頂きました。春まで実施していた書店での委託販売では、リリース後半年程度で販売数は下降線をたどり、0に近い状態が続いていたため、矛盾する結果に正直当惑しているところです。即売会のみで購入するという方もいることから、書店委託とは搬入数の考え方を変える必要があるのかもしれません。
新刊の「京葉線新東京トンネル」につきましては、複数の書店担当者様直々に早期の販売開始の要請もいただいております。新規の増刷の必要はありませんので、できる限り早い時期に販売をスタートできるよう準備を進めてまいります。「総武・東京トンネル」につきましては、上巻の在庫が再び0になったため増刷が必要となっています。下巻と合わせ、冬のコミックマーケットで再度出品することを考えています。
  
いろいろ限界が見えてきた前日搬入
2017,08,11

先ほど東京ビッグサイトへ行き前日搬入を済ませてきました。昨年秋から教習所に通い、取得した車の運転免許がいよいよ役に立つ瞬間でもあります。
コミケWebカタログのお気に入り登録数は、毎回そうなのですが一般参加者の方はサークルチェックを直前に行うようで、イベント3日前あたりから1日10名様単位で増えることが多く、今回はついに100名様を突破(※)いたしました。ご登録いただいた皆様ありがとうございます。この状況を勘案し、今回は新刊「京葉線新東京トンネル」は300冊、既刊「総武・東京トンネル」上下巻をそれぞれ50冊ずつの計400冊を搬入することとしました。これらを100冊ずつ段ボールに詰め、車に乗せて運びました。現在所持している荷物用台車は、キャリーバッグに毛の生えたようなチープなもので、耐荷重が30kgしかありません。A4で50ページ以上ある本が100冊も入っていると重量は30kg近くになってしまうため、台車に積めるのは1個が限度になります。このため、数百メートル離れた駐車場から何度も往復することとなってしまいました。搬入用機材の増強が今後の検討課題になりそうです。
一応400冊はスペース内に収まりましたが、搬入時点では段ボール1個が机の下に収まらず、床に放り出した状態になってしまいました。はみ出した分はイベント開始後中身を机の上に展開するため、出展の支障にはなりませんが、別の見方をすれば現在の「島中サークル」の状態でこれまでのように数倍のペースで搬入数を増やし続けることは、正常な応対や周辺のサークル様への迷惑防止の観点から難しいことを意味します。今後はイベント後ではなく、イベント前に書店での委託販売を開始するなど、搬入数を抑える工夫も必要になってくると思われました。
余談ですが、普段筆者は原稿データをRAID1(2台のディスクにで同じデータを保存するシステム)構成している外付けHDDに加え、マイクロソフトのオンラインストレージであるOneDriveにバックアップをしています。前日搬入から帰宅後、珍しくこのOneDriveがアクセス障害を起こしていました。原稿作成期間中に発生していたらきっと大変なことになっていたでしょう…。

※:ただし、前回出展時に登録し、今回のコミックマーケット92には訪れないという方の登録が一定数放置されていると思われるため、登録数=実際の来訪数にはならないと思われます。
  
「京葉線新東京トンネル」到着
2017,08,09

観測史上3番目の長寿台風となった台風5号(ノルー)により宅配便が遅延するのではないかとヤキモキしましたが、無事本日「京葉線新東京トンネル」が手元に到着しました。入稿直後に早速ミスを発見しておりますが、文意を大きく変えてしまうような重大なものではないため、そのあたりは後々一覧にして公開する予定です。
前回の「総武・東京トンネル(下)」よりもページ数は少ないため、ダンボール1箱あたりに入る部数は多くなっています。このため、総武・東京トンネルの再販分を加えても前回より多く現地に持ち込むことができます。前回は12時過ぎに完売となってしまったことを鑑み、今回は2倍近い300冊を搬入する計画です。(7月に実施した購入希望アンケートでは、前回よりも現地での購入希望者が少ないとの結果となっているため、12時頃に完売するといった事態は避けられると見ています。)万一、早期完売となってしまった場合でも可能な限り早く書店での委託販売をスタートできるよう、その分もまとめて今回印刷しておりますので、そちらも合わせてお待ちいただければと思います。
  
注意事項を公開しました
2017,08,07
コミックマーケット92当日まで1週間を切りました。「出展予定」ページ内に当日の注意事項について掲載いたしましたので、コミックマーケットカタログの諸注意ページとともにご一読をお願いいたします。
今回はこれまでとは異なり気候の厳しい夏コミックマーケットの出展となります。特に午前中にご来場される場合は、長時間屋外で待つことも考えられますので、水分補給、帽子の着用、日焼け止めを塗る(日傘は使用禁止)等、暑さや日差しへの対策は十分に行ってください。長時間会場に滞在される場合、飲み物は500mlペットボトル1本では足りません。会場内にも自販機は多数設置されていますが、混雑により辿り着けなかったり、品切れになっている場合もありますので、事前に購入して持ち込むことをお勧めします。(筆者は通常、1本は買ってそのままの状態、もう1本は前日に冷凍庫で凍らせたものを持ち歩くようにしています。こうすることで凍らせた方は溶けるまでの数時間、体に当てる冷却材代わりに使うこともできます。)また、普段冷房の利いたオフィス等で過ごされている方は、根本的な対応として事前に数日間かけて暑さに慣れておくという対応も必要かと思われます。(汗をかき慣れておくのは体臭対策としても有効です。)
新刊「京葉線新東京トンネル」につきましては、イベント後早期に書店委託販売が開始できるよう現在準備を進めております。体調がすぐれない方、遠方にお住まいで負担が大きい方はぜひそちらをお待ちいただくようお勧めいたします。
これ以外につきましては前回出展時とほぼ同様の対応となる予定です。当日何か追加でご案内が必要になった際はTwitter(@Rf_notifyまたは@takuya870625)にてご案内いたしますので、投稿内容に注意していただくようお願いいたします。
  
入稿完了しました
2017,08,02
7月末に実施いたしました、購入希望調査へのご協力ありがとうございました。今回も60名様以上の方からご購入希望を頂きました。コミックマーケット92会場でのお取り置きのご依頼につきましては今後も受け付けますので、メール・Twitter等でお申し付けくださいませ。


さて、今年に入ってから制作を続けてまいりましたコミックマーケット92向け新刊「京葉線新東京トンネル」ですが、昨日8月1日に原稿が完成し印刷所へ入稿いたしました。今回は手直しの指摘なども無くこのまま印刷作業に入るとのご連絡を頂いております。今回も76ページを使い、各トンネルの工法上の特徴、駅の3DCG図など定番の内容に加え、長年死蔵となっていた(?)写真をフル活用し車両の解説なども充実させております。欲を言えばさらに載せたい内容はたくさんありましたが、それではいつまでたっても本として完成しないため、一区切りとして今回出させていただきます。配送中の事故等が無ければ来週初めにも現物を受け取れる予定です。8/12(土)に皆様のお手元へお渡しできることを楽しみに待っております。
  
購入希望アンケートを実施中です
2017,07,23
コミックマーケット92まで残り3週間ほどとなりました。原稿の方は8割ほどできあがっており、完成次第印刷発注を行う予定です。発注が近くなってまいりましたので、前回出展時と同様印刷部数を決定するためアンケートを開始しました。アンケートでは新刊の「京葉線新東京トンネル」に加え、再販となる「総武・東京トンネル」上下巻につきましても購入数を調査します。「京葉線新東京トンネル」と手元在庫が払底している「総武・東京トンネル(上)」につきましては、当日会場に搬入する分以外に今後計画している書店委託や通信販売分も含めて印刷を行う予定です。従いまして、当日会場にお越しいただかない方で今後ご購入を希望される方につきましてもアンケートの対象となります。ご購入をお考えの方は是非ご回答をよろしくお願いいたします。

アンケートページはこちら
アンケートは終了しました。イベント当日のお取り置きにつきましてはメール、Twitterにてお申し付けください。
  
当日の売り子さんを募集します!
2017,07,09
前回のコミックマーケット89と同様に、今回も8月12日の出展当日に弊サークルでお手伝いをしていただける売り子さんを募集します。前々回のコミケットスペシャル6、ならびに前回のコミックマーケット89での出展実績から、今回も開会中全時間に渡り2人体制での応対が必須になるものと予想しています。今回も残念ながら(?)筆者は一緒に参加する同志が居ないこともあり、このままではトイレにすら行くことができなくなってしまいます。難しいお仕事はありませんので、初参加の方でも大歓迎です。
ただし、今回は夏のコミックマーケットです。東京ビッグサイトの展示ホールには空調設備は完備されておりますが、来場者数があまりにも多いイベントであるため、時間帯によっては館内が非常に蒸し暑くなります。(夏コミの環境については方々のWebサイト等で説明されていますので、気になる方は一度参照してみてください。場合によっては結構過酷なものになります。)一般的な健康状態の方であればかなり不快に感じることはあるものの、一応安全に過ごすことはできますが、もしも暑いところが極端に苦手とか、体力に自信が無いという方につきましては今回は応募をお見送りいただいた方が賢明かと思われます。冬のコミケにも出展を計画しておりますので、その際是非ご協力をお願いいたします。
脅かすような文章になってしまいましたが、詳しい募集要項は「協力求む」のページに記載しておりますので、ご一読の上ご応募お待ちしております。
  
現地調査の足
2017,06,18

今年初めから続けていた京葉線新東京トンネルの現地再調査ですが、昨日の東京〜八丁堀間の地上部分をもって全区間の調査が一応完了しました。今後は必要になった場合のみ現地を訪れる予定です。
さて、総武・東京トンネルに始まった弊サイトの「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道」シリーズですが、これまで駅間の地上施設の調査は徒歩のみに頼っており、調査に時間がかかる原因となっていました。一方、東京の区部では2012年よりNTTドコモと区が共同でレンタサイクルの整備を進めており、現在千代田・中央・港・江東・新宿・文京の6区の公園や公共施設で専用ポート(駐輪場)が開設されています。今年1月23日以降は、各区のポートが全て相互利用可能になったため、例えば「丸ビル(東京駅前)のポートで借りた自転車を国際展示場駅前のポートで返す」といったレンタカーの乗り捨てのような利用方法も可能になりました。 今回の京葉線新東京トンネルのプロジェクトでは、このレンタサイクルを現地調査の足として活用することとしました。


自転車を借りる方法はまずインターネット(PC・スマホ)で個人情報や決済用のクレジットカード情報を登録します。次に現地の自転車に搭載されているFelicaリーダーを使ってSuicaなどの交通系ICカードを登録します。ICカードは自転車をポートから借りたり、返す際の鍵の代わりになります。提供されている自転車は電動アシスト付きになっています。(一部の自転車はさらに3段変速やバックミラーが付いているものもある。)今回使用した江東区や中央区は埋め立て地であるため急な坂はほぼ皆無でしたが、内陸部では威力を発揮しそうな機能です。
  
コミックマーケット92出展決定!
2017,06,12
去る、6月9日(金)にコミックマーケット92のサークル当選発表が実施され、弊サークル「未来へのレポート」は8月12日(土、2日目)の「東地区“フ”ブロック-22a」での出展が決定いたしました。同日よりコミケWebカタログも公開されています。

Comike Web Catalog
「未来へのレポート」詳細ページ

(Circle.msサイトへ移動します。閲覧にはログインが必要です。)

本日より制作中の「京葉線新東京トンネル」につきまして、一部ページを試し読み版として公開しました。公開したのは潮見〜越中島駅間の一部(トンネル入口〜東越中島立坑)の解説です。駅部分の解説については「総武・東京トンネル」と同様のコンテンツ構成を予定しております。「総武・東京トンネル書籍化プロジェクト」スペシャルサイト(本ページの最後にリンクがあります)の試し読みページで公開中の新日本橋駅に関する解説部分も合わせてご覧ください。新刊の詳しい仕様や出展情報につきましては、決定次第本サイトにてご案内させていただきます。最新の情報に是非ご注目ください。
  
プリンタがついにご臨終…
2017,05,17

2007年以来10年間に渡り筆者の執筆活動を支えてきたEPSONのインクジェットプリンタPM-A700ですが、ついに内部の駆動ベルト断裂によりその使命を終えました。2年前には既に廃インクタンク満杯のエラーが出ており、本来はその時点で買い換えが必要でしたが、当時は総武・東京トンネルの書籍化プロジェクトの制作真っ最中でそのような余裕は無かったため、個人がネットに公開していた特殊なソフトで細工(注:メーカーサポート外のため自己責任です)しつつだましだまし使い続けてきました。
書籍化プロジェクトでは試し刷りによる誤植や色合いの確認が不可欠であるため、プリンタが必須となりますが、上記のような状況もあって先月には新しいプリンタを調達済みでした(※)。そのため、今回の故障による影響は全くありません。
それにしても、今年に入ってからタブレットをはじめ、筆者の所有物がよく壊れます。もっと悪いことが起きる予兆でないといいのですが…

※別室にPM-A700よりやや新しいCanonのプリンタがあったため、そこに今回購入した新しいプリンタを設置し、玉突きで出たCanonのプリンタを自室に移動させました。
  
案内板のフォーマット
2017,05,09

5月に入り花粉の飛散もなくなったため、京葉線新東京トンネルの現地再調査を再開しています。京葉線東京〜新木場間が建設された1980年代末期は、ちょうど発足したばかりのJR東日本の社内で駅構内の案内板に関する新しいフォーマットが検討・試行されていた時期にも当たります。東京駅に関しては京葉線開業後も北陸新幹線や上野東京ラインなど新規路線の開通の度に案内板が更新されているため、開業時の面影はありませんが、それ以外の各駅では国鉄時代とも現在のJR東日本の標準とも異なる独特なデザインの案内板を数多く見ることができます。このあたりも新刊で触れることができればと考えています。
  
コミックマーケット92の申し込みをしました
2017,02,02
昨日2月1日よりコミックマーケット92のオンライン申し込みが始まりました。弊サークルもさっそく申し込み手続きを完了させました。当選した場合は来る8月東京ビッグサイトにて皆様とお会いできることになります。それまでに新刊「京葉線新東京トンネル」を完成させられるよう調査も開始しております。昨年9月には京葉線東京〜蘇我間で東京圏輸送管理システム「ATOS」が稼働を開始し、駅内外において信号システムや電光掲示板に一部変更が生じています。このあたりについても新刊にて触れることができればと考えております。
  
スペシャルサイトを開設しました
2017,01,07
本日、「京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト」のスペシャルサイトをオープン致しました。現時点では「制作日記」のみの公開ですが、今後進捗に合わせて様々な情報を追加していく予定です。また、本スペシャルサイトはスマートフォンでの閲覧に完全対応しております。(画面横幅によりレイアウトが変化します。スマホ版では転送データ量を削減するため一部の画像を低画質の物に差し替えています。)イベント会場等での情報収集に是非ご活用ください。
  
メーカーのサポート情報はちゃんと確認しよう
2017,01,02

新企画の始動準備ということで年明け早々タブレットPCを久しぶりに起動してみましたが、溜まりに溜まったWindowsUpdateを片付けたところでBluetoothを一切認識しなくなってしまいました。単にペアリングができないのではなく、設定項目からも消滅する事態。おいおい…コイツはBluetoothキーボードが付属品だったんじゃないの…??
というわけで何度も再起動したりしてみるものの復活せず、仕方が無いのでWindows丸ごと初期化することにしました。そして1時間後無事初期化は完了したものの、なんとBluetoothはやはり項目に表示されない!!!
これはハードウェアの故障で修理に出すしかないかと思いかけてメーカーであるレノボのサイトを見ると、新しいドライバがリリースされているのを発見しとりあえず一覧にあるものを全部インストールしたところ、Bluetoothの項目が復活しました。どうやら初期化は不要でドライバだけ更新すればよかったようです。
初期化で全データが消えてしまったため、この後ソフト類も全部再インストールすることになったわけですが、途中このページを作るのに使用しているTeraPadにCSSの編集モードが追加されているのを発見しました。(しかも追加されたのは2010年)以前デスクトップのPCを購入した際ダウンロードしたバージョンをずっと使い回していたため、アップデート情報を一切見ておらず、わざわざ何年も不便な状態で使い続けていたということになります。
みなさん、PCやスマホが不調になった場合はOSの不具合とともに、メーカーが発表している情報にも注意しましょう。
  
ビッグサイト新ホールの下見など
2016,12,30

12月29〜31日の3日間、東京ビッグサイトにて例年通りコミックマーケット91が開催されました。東京ビッグサイトは現時点の計画によると、2020年に開催される東京オリンピック/パラリンピックで報道関係者の活動拠点(プレスセンター)として利用されることになっています。これに向けて東展示場東側の駐車場に「東7・8ホール」が建設され、今年11月より使用を開始しています。今回のコミックマーケットは、この東7・8ホールも使用した過去最大級の規模にて開催されました。
ちょうど今回は東7ホールに鉄道関係のサークルが配置されていたことから、次回の参加申込書入手と下見も兼ねて現地を訪問してまいりました。駐車場を一部潰して建設したホールであるため、ホールの形状が台形になっており、ホールの中心部にも何本か柱が立っています。また、長期間の使用を考慮していない仮設ホールということもあって、空港のLCCターミナルのように内装材が簡素なものになっており、柱や壁を覆っているパネルは柔らかい石膏ボードであるため、貼り紙等が一切できない等の制約があります。
次回もし出展可能になった場合はこれらのホールやスペースのレイアウトを考えながら搬入や機材のセッティングを行うことになります。
  
背景色の意味
…皆様へのお知らせ
…制作進捗状況
…おこぼれ話
本企画に関するお問い合わせ先
mirai_report-information
@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
Let's Share!!
このエントリーをはてなブックマークに追加