*** 創作文を投稿したサイトと投稿内容 ***

*** 官能小説 実話 ***

*** 「愛と官能の美学」 Shyrock様へ ***

知佳の美貌録「お泊まりデート」   彼のマンションから朝帰りする久美の次女瑠美



残照 序章

1,序章

2,残照

3,疑念

4,別離



残照

1、廃屋となったバンガローへの道

2、 暴かれた過去

3,忘れえぬ記憶の中に



官能小説『ひそかに心を寄せる茶店の女店主』



父親の面影を追い求め

1、明けても暮れても水仕事の日々

2、いいように利用され野良ネコのように捨てられて

3、見た目の悪さゆえに嫌われ続け

4、ギャンブル喫茶のオーナーに拾われて

5、まかない飯を出してくれるオーナーの気遣いに惹かれ

6、薄い掛布団一枚隔て、夫が脇で寝ているその隙にオーナーの唇が妻のワレメを這う

7、「逝ってなかった。逝ったふり・・・」 そのことだった。

8、くぐり戸の先は隠し部屋  誘う最後の手立てが乳首と乳輪だった

9、キッチンは愛の準備室

10、したくて我慢できない夜がくる

11、したくてたまらない夜が来る 貸し出し

12、トラックドライバーへの道

13、憎しみあってた男のビ〇タで愛情が芽生え

14、ぎこちない表現

15、育児放棄 美里は父の愛を知らずに育った

16、ルート営業中、出逢い系で釣った男を甚振り楽しむ人妻の佳子

17、彼女らはこうやって口説き堕とされた

18、嬲られる(なぶられる)ことを、殊の外好む女

19、佳子の想い悩むこと

20、男と酒に溺れ、我が子の深夜徘徊をも放置・黙認する母

21、送られてきたイケメン写真 彼の正体は猟奇的な性交妄想に憑依りつかれ (とりつかれ) た男だった

22、武井家の家族を守るためやるしかなかった絶倫男の素行調査

23、射精感が募り破滅への道を歩む彼に捧げ続けた彼女が行き着いた先は



掘割の畔に棲む女

1 〜何処からか流れて来た通いの女中〜

2 〜二階の喫茶ルームにて〜

3 〜コーヒーカップを前にし戸惑う千里〜

4 〜女中という名の雇女〜

5 〜夜伽の代償〜

6 〜通い妻〜

7 〜足手まといな雑用係〜

〜栄養失調との闘い〜

〜夜泣き〜

10 〜嫉み妬み〜

11 〜振り子のように揺れる心〜

12 〜鉈を持ち出してきた男〜

13 〜女囚〜

14 〜生きる知恵 阿り (おもねり) 〜

15 〜法律のはざまで〜

16 〜知識不足ゆえの行き違い〜

17 〜天空に星が瞬く頃に 廃屋からの出発〜

18 〜心の闇を溶かしてくれた驟雨〜

19 〜見習い農婦〜

20 〜鍛え上げた肉体のみが持つ魔力〜

21 〜売春宿の汚名を着せられ立ち退きを要求される〜

22 〜知らないで魅せ付け〜

23 〜拘留中に同房だった女囚の出獄〜

24 〜女囚同士の淫交を勃起力に変え〜

*** 「官能文書わーるど」 しょうた様へ ***

残照 序章

1,別離

2,残照

3,疑念

4,別離



残照

1,残照

2,暴かれた過去

3,忘れえぬ記憶の中に



老いらくの恋

第1章

画家の偽らざる想い

その1

その2

その3



第2章

第3章



ヒトツバタゴの咲く島で

1,最果ての島

2,失恋後、自分を見つける旅に出た加奈子

3,美宇田浜で出会った西郷どん

4,隣村への蔑視

5,深夜、どこからともなく聞こえる嬌声

6,布団部屋に、女中のような娼婦が閉じ込められていた

7,騙して連れてこられた……であろう比田勝の夜の蝶

8,夕暮れの岸壁に佇む女

9,島に別れを告げていた高浜

*** 小説を読もう!へ ***

掘割の畔に棲む女 〜生きる知恵 阿り (おもねり) 〜

残照 序章

残照

明けても暮れても水仕事の日々

いいように利用され野良ネコのように捨てられて

見た目の悪さゆえに嫌われ続け

彼女の母親と結婚報告で家にお邪魔したらできちゃった

ギャンブル喫茶のオーナーに拾われて

まかない飯を出してくれるオーナーの気遣いに惹かれ

薄い掛布団一枚隔て、夫が脇で寝ているその隙にオーナーの唇が妻のワレメを這う

「逝ってなかった。逝ったふり・・・」 そのことだった。

くぐり戸の先は隠し部屋  誘う最後の手立てが乳首と乳輪だった

キッチンは愛の準備室

したくて我慢できない夜がくる

したくてたまらない夜が来る 貸し出し

トラックドライバーへの道

憎しみあってた男のビ〇タで愛情が芽生え

ぎこちない表現

育児放棄 美里は父の愛を知らずに育った

ルート営業中、出逢い系で釣った男を甚振り楽しむ人妻の佳子

人妻絵里を壁ドンしスカートの中に潜り込みクンニリングスを施す 前篇

人妻絵里を壁ドンしスカートの中に潜り込みクンニリングスを施す 後篇

彼女らはこうやって口説き堕とされた

嬲られる (なぶられる) ことを、殊の外好む女

男と酒に溺れ、我が子の深夜徘徊をも放置・黙認する母

佳子の想い悩むこと

送られてきたイケメン写真 彼の正体は猟奇的な性交妄想に憑依りつかれ (とりつかれ) た男だった

武井家の家族を守るためやるしかなかった絶倫男の素行調査

ひそかに心を寄せる茶店の女店主

射精感が募り破滅への道を歩む彼に捧げ続けた彼女が行き着いた先は

謎めいた村

野良で派手にハメまくる冨子さんと貞三郎さん

野外で草むらに隠れて絶叫SEX

肥やし代わりに畑や田んぼでひる女

女を巡って諍いになる魚屋と地主

野外で姦通中出しされそうになった妻を物陰に隠れて思いやる夫

淡竹 (ハチク) の藪が御簾に思えて

亭主の留守に輪姦され逝く妻

寝取られないために妻を仕込む

山姥のお世話になる

竹藪でお風呂を覗き見てくれたお礼に入れさせてあげました

村の男たちに求められると拒まない嫁

精力絶倫の時雄さんにサカル美代子さん

感情をコントロールできない美代子さん

ご主人への反発

美代子さんの口淫

三つ巴の争奪戦

我を忘れ美代子さんに群がる獣たち

村の淫習に対抗する美晴さん

落日の長者〜身勝手な夫〜

落日の長者〜水呑みに寝取られ〜

落日の長者〜午後の陽だまりの中で〜

落日の長者〜夫婦交換 - 覗き見に喜びを見出してしまった妻〜

落日の長者〜ご主人の前でおっぴろげた希美さん〜

落日の長者〜復讐心に燃えたハメ殺し〜

落日の長者〜美晴さん、三下り半を突きつけられる〜

落日の長者〜美晴さん失意の中で自慰行為〜

落日の長者〜夫と友人の浮気を覗き見し発情〜

落日の長者〜通い妻の亡霊〜

落日の長者〜放火の功労〜

落日の長者〜天国への階段〜

落日の長者〜下剋上を賭けた戦い〜

入谷村を捨ててまで行き着いた憧れの職業

中組 (なかぐん) の〇〇屋の幸さんのお買い物

入谷村で一番顔が広かった人

虐待に次ぐ虐待

通い牡

ひそかに心を寄せる茶店の女店主

飢え過ぎた雌猫

義母のもてなし

雅子さんのほんのささやかな無礼講

嫁の実家に集 (たか) る紙屋 (かみや)

寝返ったようにみえた他人の嫁

愛のみに揺れて生きる女

ひとつの時代が終わりを迎える

罰当たりの家のまさかの事故

史帆さんの独壇場と化した入谷村

彼女たちがその場所を選んだ理由

辱められる妻

時代と共に変わってく連れ合いの存在感

淫習の目覚め

興奮材料を求め

押し開かれた淫裂

悪夢の仕返し

白昼の性行為

女房の地位

パンツを脱いだ妻

敏江さんの恋

賢婦であるはずの美澪さんが味わおうとした他人の棹

懇願フェラ

耕作放棄地を必死で守り抜いた女

静かなる睨みあい

道路を竹箒で掃く

本数をこなさなければならなくなった敏江さん

後背位で犯される敏江さん

蒸し暑い夏に空き巣に狙われ

悲壮感漂う姦通

許しを乞うて久しぶりに珠子さんを抱く寛治さん

炭焼き小屋でのかりそめの夫婦性活

炭焼き小屋での炊事

訪問販売員になった史帆さん

性具の実演販売に講じる史帆さん

史帆さんとお客様との極秘写真流出

身の回りの世話まで始めてしまった史帆さん

人妻の慈愛が童貞くんに向かって炸裂

今は亡き夫の親戚筋の息子を自宅に泊め童貞喰い

連日連夜チェリーボーイに夜這いを仕掛ける史帆さん

童貞くんにのしかかる欲情し切った人妻たち

匂いを嗅ぎながら自慰行為